ライトが目に与える影響

もしも、光脱毛の光が目に入ってしまったら

光脱毛の施術中のトラブルで一番怖いのが、ライトが目に入る事故です。脱毛に使用するライトは、メラニン色素の濃い部分に反応して熱を発生します。この性質によって、肌に照射したときにムダ毛にだけ熱を加えることができるのですが、もしもライトが目に入ってしまうと、同じように、黒目のメラニン色素に高熱が発生することになります。

医療クリニックで使われているレーザーの場合は、狭い範囲にピンポイントで照射するため目に入ったという事故はあまり聞きません。しかし、拡散性のあるライトを使用しているエステサロン、または家庭用脱毛器では、程度の差こそあれ、ライトを目に受けてしまったという事故は予想以上に発生しています。エステサロンでは、たとえば顔にライトを照射するときにゴーグルや保護シートがずれてしまい、遮蔽が充分でない状態でライトを受けてしまった、といった事故が多いようです。

サロンで目をあける女性

家庭用脱毛器の場合は、操作ミスがほとんどです。カートリッジの具合を確かめているうちに指がスイッチに触れてしまい、目にライトを受けてしまうといった事例です。特にサロンの光脱毛のライトは非常に光量が多いため、直接目に入ると角膜やレンズを簡単に通り抜けて、網膜に火傷を負わせます。光量によっては網膜が熱で破裂することもあります。後遺症としては、めまいや頭痛、目の痛みなど。また重症の場合は視力が極端に落ちる、視野が欠ける、視野の欠けを補正しようと目が斜視気味になるなど、日常生活に支障が出るような症状が残る場合もあります。

光脱毛のライトが目に入ってしまった場合は、とりあえずは目を冷やしたり、刺激の少ない目薬をさしたりして目を落ち着かせるのがよいとされますが、このような自己判断をせず、すみやかに病院にいって医師の診断を受けるようにしてください。ちなみに、斜視の症状が現れている場合も、大人の斜視は簡単な手術で治療することができます。斜視は、視力や物の見え方に問題がなければ治療の必要がないともいわれますが、審美的な理由でも手術はしてもらえるそうですので、怖がらずに受診してください。

 

サイトマップ